パナンペとペナンペ うみのカムイによばれる

あるところに、パナンペとペナンペがいました。
ふたりでシカやクマを たくさんとっては、
なにふじゆうなく くらしていました。