シマフクロウのかみさまがうたったはなし

そのとき ガアガア 声(こえ)がした。「おれが 行(い)って やろうじゃないか」

それは カラスのわかものじゃった。
「よくきてくれた、ホウ ホウ どうぞ」わしは 家(いえ)へと よびいれて、
だいじな はなしをうたいはじめた。