シマフクロウのかみさまがうたったはなし

こまった こまった だれも かわりに 天(てん)の国(くに)へ行(い)けるものは
おらんかのう。 そのとき ピイピイ声(こえ)がした。
「どうか わたしに 行(い)かせてください」

それは カワガラスのわかものじゃった。
かれは トテトテ はいってくると、おきゃくの せきにちょこんと すわった。
わしは すぐに うたいはじめた。