アイヌの人達とともに

住まう

コタンの生活

 アイヌの人たちは、食べ物や飲み水が得やすく、災害(さいがい)にあわないような川や海沿いの場所を選んで家を建てて村をつりました。
 この村はコタンと呼ばれ、数軒(すうけん)から十数軒(じゅうすうけん)の家が建ち並んでいました。人びとは村おさを中心にコタンのまわりにある山や川、海の決まった場所で狩りや漁、植物採集(しょくぶつさいしゅう)をしながら生活していました。
擦文時代の集落『おびらたかさごII』小平町教育委員会、一部改変
復元(ふくげん)されたチセ、食糧庫(しょくりょうこ)、祭壇(さいだん)

チセのようす

 このコタンに建っていたアイヌの人たちの家をアイヌ語で「チセ」といいます。骨組みの木や屋根(やね)・壁(かべ)など家をつくる材料は、すべて自然のものを利用しました。たとえば、骨組みの木はハシドイやヤチダモ、壁(かべ)や屋根(やね)の材料にはアシやササなどの草やキハダや樺といった木の皮などが使われていました。チセを建てるときは、材料を採ってきて家を建てるまでコタンの人たちが協力しあいました。チセは、屋根の傾(かたむ)きが4方向にあり、多くは入り口のところに玄関(げんかん)や物置(ものおき)として使われた小さな部屋がついていました。  大きさは20m2から100m2程度(ていど)まで、さまざまだったようです。 樹皮を用いたチセ(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
樹皮(じゅひ)を用(もち)いたチセ(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
ササを用いたチセ(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
ササを用(もち)いたチセ(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
アシを用いたチセ(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
アシを用(もち)いたチセ(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)

チセのなか

 このチセの内側は四角形の一間(ひとま)で、真ん中よりやや入り口寄(よ)りに炉(ろ)があり、窓は入り口から入って正面に1ケ所と右側(または左側)に1・2ヵ所ありました。このなかでも特に正面の窓は神様が出入りする窓といわれ、とても大切にされました。また、左奥(ひだりおく)には宝物(ほうもつ)置(お)き場(ば)があって漆塗(うるしぬ)りの容器(ようき)や刀などが飾(かざ)られ、その上には家の神様が祀(まつ)られていました。
 チセのなかでは、家族が座る場所やお客の席、寝る場所なども決まっていました。このような伝統的(でんとうてき)なチセは、時代の流れのなかで次第(しだい)に姿を消してしまいましたが、現在は博物館(はくぶつかん)や伝承活動(でんしょうかつどう)をしているところで復元(ふくげん)したものを見ることができます。
チセの内部。左座、右座は神窓より見ている
チセの内部。左座(ひだりざ)、右座(みぎざ)は神窓(かみまど)より見ている

チセのまわり

 チセのまわりには物干(ものほ)し、食糧庫(しょくりょうこ)、便所などの生活に必要な建物や神様に祈りを捧(ささ)げる祭壇(さいだん)、クマなどを飼育(しいく)する檻などが建っていました。こうしたチセとまわりの建物は、同じ地方であれば、どこも同じような配置(はいち)をしていました。 チセの内部。左座、右座は神窓より見ている
大正期の帯広のチセ(帯広百年記念館蔵)