アイヌの人達とともに

芸能

舞 踊(ぶよう)

 アイヌの人たちは儀式(ぎしき)のとき、親しい人たちが集まったとき、あるいは仕事をしているときなどには必ずといっていいほど歌い、踊(おど)りました。踊(おど)りには、リムセ、ウポポ、ホリッパと呼ばれる大きな輪になって踊(おど)るもの、神々への祈りを表したもの、遊びの要素(ようそ)を含んだもの、悪い神を追い払う儀礼(ぎれい)から生まれたもの、豊漁猟(ほうぎょりょう)を祈願(きがん)するもの、労働(ろうどう)の様子(ようす)を表したもの、動物の動きを表したものなど、さまざまな種類がありますが、そのほとんどは女性を主として踊(おど)られるもので、男性だけの踊(おど)りはごくわずかです。楽器を伴わず、すべて踊(おど)り手やその場にいる人たちの歌と手拍子(てびょうし)で踊(おど)られます。
 アイヌの人たちにとって踊(おど)りとは、自分たちが踊(おど)って楽しむものであり、また、神々もまた一緒(いっしょ)になって楽しむものでした。
鶴の舞(アイヌ民族博物館蔵)
鶴の舞(アイヌ民族博物館蔵)

想いを表す歌

 こうした踊(おど)りとともに、「ヤイサマ」「ヤイサマネナ」などと呼ばれる歌があります。女性が歌うもので、哀(かな)しみや異性(いせい)に対する恋心など自分の心の内を歌で表したもので、個々人(ここじん)がそれぞれの歌詞(かし)やメロディーを持っています。  現在では、かつて個人が歌っていたものがその地域(ちいき)の多くの人たちによって伝承(でんしょう)され、共有(きょうゆう)の歌として歌い継(つ)がれています。

ムックリ

 アイヌの人たちの楽器の一つで、口琴(こうきん)、口琵琶(くちびわ)とも呼ばれています。ネマガリダケなどを材料とした、長さ10~15cm、幅1cmの薄(うす)い板状(いたじょう)のもので、中央は舌状(したじょう)にくり抜かれ、左右に糸がつけられています。糸を手に片方を口の端(はし)に当て、もう片方で糸を引くことによって、舌状(したじょう)の部分が振動(しんどう)し、音が出ます。呼吸(こきゅう)に合わせた口の開閉(かいへい)、糸を引く力の強弱により、いろいろな音を出すことができます。
 口琴(こうきん)は、アイヌの人たちをはじめとして、台湾(たいわん)の原住民(げんじゅうみん)、北方圏(ほっぽうけん)の少数民族など、世界各地にあります。
ムックリを奏でる(『シラオイコタン』財団法人アイヌ民族博物館蔵)
ムックリを奏でる(『シラオイコタン』財団法人アイヌ民族博物館蔵)
ムックリ(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)
ムックリ(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)

トンコリ

 主にサハリンアイヌが使用した琴状(ことじょう)の楽器です。一本の木をくり抜いて胴体(どうたい)とし、天板を張り合わせています。長さ70~150cm、幅15cm前後の大きさで、五弦(ごげん)の他、三弦(さんげん)や六弦(ろくげん)のものなどもあります。材料として、胴体(どうたい)にはエゾマツ、イチイ、ホオノキなどの木が、弦にはエゾイラクサの繊維(せんい)を固(かた)く撚ったものや、クジラやシカ、トナカイの腱(けん)などが使われました。抱(だ)きかかえるようにして持ち、弦(げん)をおさえず、両手ではじくように弾(ひ)きます。 トンコリ(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)
トンコリ(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)