アイヌの人達とともに

着る

ふだん着と晴れ着と

 日々の生活においてアイヌの人たちが身にまとう衣服には、ふだん着と特別な儀式(ぎしき)のときの晴れ着(ぎ)とがあります。アイヌの人たちの最も古くて伝統的(でんとうてき)な衣服は、江戸時代後期(こうき)に和人が記(しる)した『蝦夷嶋奇観(えぞとうきかん)』などに見ることができます。そのなかにはアイヌの人たちが伝統的(でんとうてき)につくり上げてきた衣服や他の民族との交流、交易によって手に入れた衣服があることがわかります。
 アイヌの人たちがつくり上げた伝統的(でんとうてき)な衣服には、オヒョウニレやシナノキなどの樹木(じゅもく)の内皮(ないひ)で織(お)った衣服やイラクサの植物繊維(せんい)で織(お)った衣服、サケ、マスなどの魚皮を継(つ)ぎ合わせてつくった衣服、アザラシ、ヒグマなどの動物の毛皮でつくった衣服、エトピリカの鳥羽(ちょうう)を縫(ぬ)い合わせてつくった衣服があります。
 また晴れ着には、和人など他の民族との交流、交易(こうえき)で手に入れた木綿(もめん)や絹製(きぬせい)の布でつくられた衣服や山丹服(さんたんふく)、陣羽織(じんばおり)のように他の民族が使用した衣服を手に入れて儀式用(ぎしきよう)に着られた衣服などがあります。 多くの種類の衣服のなかでも、母から娘に伝える伝統的(でんとうてき)な技術(ぎじゅつ)でつくられたアイヌの人たちの衣服は、男性用、女性用の区別がなく、北海道内(ほっかいどうない)各地域(かくちいき)やサハリン(樺太(からふと))など、その地方の特徴(とくちょう)をあらわす文様(もんよう)が施(ほどこ)されたものが多くみられます。
 また、衣服のほかに身につけられるものには、儀式(ぎしき)や労働(ろうどう)のときの鉢巻(はちま)き、手甲(しゅこう)、脚絆(きゃはん)、前掛(まえか)けや冬山などで狩りをするときに寒さを防ぐ木綿や毛皮でできた帽子、サケ皮、シカ皮でつくられた靴(くつ)などがあります。
樹皮衣。アイヌ語でアットゥシと呼ばれる(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)
樹皮衣(じゅひい)。アイヌ語でアットゥシと呼ばれる(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)

木綿衣。噴火湾沿いの地域に見られる衣服で、アイヌ語でルウンペと呼ばれる(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)
木綿衣(もめんい)。噴火湾(ふんかわん)沿いの地域に見られる衣服で、アイヌ語でルウンペと呼ばれる(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構蔵)

衣服に刺しゅうをする女性(『アイヌ風俗絵巻』函館市中央図書館蔵)
衣服に刺(し)しゅうをする女性(『アイヌ風俗絵巻』函館市中央図書館蔵)

独自(どくじ)の文様(もんよう)を施(ほどこ)す

 このような衣服をはじめ身につけられるものには、刺しゅうや継ぎ布などによって渦巻(うずま)き文や括弧文(かっこもん)と呼ばれるアイヌ文様が施されています。
 衣服のそで口やすそ周(まわ)りなどの文様(もんよう)はそこから悪(わる)い霊(れい)が入り込まないように施(ほどこ)されていると言い伝えられ、これらの文様(もんよう)を見ると沿海地方(えんかいちほう)やサハリン(樺太(からふと))地方に住む他の民族の衣服の文様とよく似(に)ており、お互いの交流をとおして影響(えいきょう)しあったことがわかります。
 また、衣服とともに着飾(きかざ)るものには、クマの霊送(れいおく)りなどの特別な儀式(ぎしき)のときに身につけられる削(けず)りかけの冠(かんむり)、飾(かざ)り太刀などの男性用装身具(だんせいようそうしんぐ)や首飾(くびかざ)り、耳飾(みみかざ)りなどのように、他の民族から手に入れたものが数多くあります。
左端に羽毛のついた鳥皮を縫い合わせてつくった衣服を着た人物が描(えが)かれている(『蝦夷嶋奇観』函館市中央図書館蔵)
左端に羽毛(うもう)のついた鳥皮(ちょうひ)を縫(ぬ)い合わせてつくった衣服を着た人物が描(えが)かれている(『蝦夷嶋奇観』函館市中央図書館蔵)

晴れ着を着た親子(『古代蝦夷風俗之図』北海道大学附属図書館蔵)
晴れ着を着た親子(『古代蝦夷風俗之図』北海道大学附属図書館蔵)