アイヌの人達とともに

アイヌの人達とともに

アイヌ文化まで

地域(ちいき)や研究者によって異なりますが、12~13世紀ころにアイヌ文化が登場しました。

言葉

アイヌ文化はアイヌの人たちの独自の言葉です。

住まう

食べ物や飲み水が得やすく、災害にあわないような場所を選んで村をつりました。

食べる

「自然」に食糧を求めていたアイヌの人たちは、一年の多くを食糧採取に費やしました。

芸能

儀式のとき、親しい人たちが集まったときなどには歌い、踊りました。

歴史

私たちがアイヌの人たちを史料のうえで確認できるのはおおよそ15世紀ころからです。

信仰

アイヌの人たちにとっての神々は、そのくらしに欠くことができないものです。

生業

厳しい自然のなかでくらすアイヌの人たちの生活は、狩猟などの労働によって営まれました。

着る

アイヌの人たちが身にまとう衣服には、ふだん着と特別な儀式のときの晴れ着とがあります。

アイヌ文化の現在

明治以降、アイヌの人たちは固有の文化を否定され、苦難の道を歩んできました。