アイヌ文化フェスティバル

2018年6月16日(土)にアイヌ文化フェスティバルを開催します。
ご来場の皆様に先着でアイヌ伝統楽器「ムックリ」をプレゼントします。
ぜひ会場にお越しください。

ムックリ

ステージの部 13:00~15:40

13:00 開催挨拶

13:15 基調講演

篠田 謙一

篠田 謙一(シノダ ケンイチ)

「DNAが明らかにする日本列島集団の成立史」

静岡県生まれ。京都大学理学部卒業。博士(医学)。産業医科大学助手、佐賀医科大学助教授を経て、現在、国立科学博物館副館長・人類研究部長。専門はDNA人類学。日本とその周辺地域で発掘調査を行い、古人骨に残るDNAを分析して、日本人の起源と成立に関する研究を行っている。また、南米アンデス地域での発掘調査を通じて、文化の変容と集団の遺伝的な変化の関係についての解析を進めている。

著書

『DNAで語る日本人起源論』(2015岩波書店)
『江戸の骨は語る-甦った宣教師シドッチのDNA-』(2018岩波書店)

学術論文

篠田謙一他 2017.
『佐世保市岩下洞穴および下本山岩陰遺跡出土人骨のミトコンドリアDNA分析』(人類学雑誌)
Shinoda, K., Adachi, N., 2017. Ancient DNA Analysis of Palaeolithic Ryukyu Islanders, In: terra australis 45, New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory,


14:30 アイヌ文化公演

髙橋 ひとみ

口承文芸/髙橋 ひとみ(タカハシ ヒトミ)

北海道帯広市出身。北海道北広島市在住。10代の頃から帯広カムイトウウポポ保存会にて古式舞踊を学ぶ。就職などで伝承活動から遠ざかっていたが、夫の転勤先である北海道千歳市でアイヌ文化伝承者の故中本ムツ子氏との出会いがあり、千歳アイヌ文化伝承保存会に入会し伝承活動を再開する。その後転居した旭川でも、旭川チカップニアイヌ民族文化保存会に加入。川村カ子トアイヌ記念館におけるイベントで「十勝の歌を歌わないか」と誘われ、幼なじみと3人でフンペシスターズを結成。現在はフンペシスターズと千歳アイヌ文化伝承保存会に在籍している。


阿寒口琴の会

アイヌ伝統楽器演奏/阿寒口琴の会(アカンコウキンノカイ)

1992年発足。アイヌの伝統楽器「ムックリ(口琴)」演奏で世界口琴大会に出場(1999年オーストラリア、2002年ノルウェー、2006年オランダ)する。また、アイヌ古式舞踊や口承で伝えられてきたアイヌの歌(ウポポ)の伝承、保存にも取り組んでおり、その公演活動も行っている。

 

1999年 日本口琴協会主催「ムックリの響き」出演
2001年 東京青山円形劇場 「アイヌ音楽の夕べ」出演
2005年 札幌東洋音楽学会出演
2017年 アイヌ文化フェスティバルin宮崎出演


様似民族文化保存会

アイヌ古式舞踊/様似民族文化保存会(サマニミンゾクブンカホゾンカイ)

1983年に北海道ウタリ協会様似支部の文化保存部会として発足。様似地方に伝承されているアイヌ古式舞踊をはじめ、アイヌの刺繍や木彫、アイヌ料理、アイヌ語などの伝承・保存に取り組んでいる。また、台湾原住民族と文化交流するなど、様々な活動を通してアイヌ文化の普及活動を展開している。

 

1994年 国の重要無形民俗文化財保持団体に指定される
1995年 様似町「文化奨励賞」受賞
2001年 財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構(現公益財団法人アイヌ民族文化財団)「アイヌ文化奨励賞(団体)」受賞
2014年 アイヌ文化フェスティバルin鹿児島出演

ホワイエの部 12:00~16:10

水野 練平

木彫実演/水野 練平(ミズノ レンペイ)

2000年、札幌大学卒業後、アイヌ民族博物館に勤務し木彫りを始める。2011年、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構(現公益財団法人アイヌ民族文化財団)から伝統工芸家に認定される。2016年、白老町内に工房をオープンする。


間宮 喜代子

刺繍実演/間宮 喜代子(マミヤ キヨコ)

北海道石狩市在住。北海道知事賞受賞(1998年、2002年)、ウタリ協会理事長賞受賞(1993年)など、その技術は高く評価されている。現在は、公益社団法人北海道アイヌ協会認定の優秀工芸師として活動している。

アイヌ文化紹介パネル展示コーナー

財団情報コーナー(冊子無料配布)

アイヌ文化紹介DVD映写コーナー

アイヌ工芸品展示コーナー


日時 2018年6月16日(土)
開場:12:00
開演:13:00
入場料 無料
会場 オホーツク・文化交流センター
場所 網走市北2条西3丁目3番地
マップ
交通のご案内 駐車場台数:288台
網走駅から徒歩約10分

主催/公益財団法人アイヌ民族文化財団
後援/国土交通省、北海道教育委員会、網走市、網走市教育委員会、公益社団法人北海道アイヌ協会