食べる

食べる

 私たちのいう「自然」に食糧を求めていたアイヌの人たちは、一年の多くを食糧採取に費やしました。特に、野生植物は、一度で取り尽くしてしまうようなことはせず、必ず「根」を残し、次の年の分を確保しながらの採取でした。四季折々にとれる野生植物や動物、魚介類は家族の食卓にのぼるとともに、長い冬の間の食糧として、また、飢饉などに備えるために蓄えられました。
 調理には、「煮る」「焼く」「炊く」という方法が用いられました。主食として、山菜をベースに、動物の肉や魚を入れて煮たオハウ、ルルがありました。オハウは、用いる材料によって、チエプオハウ(サケを入れた汁)、プクサオハウ(ギョウジャニンニクを入れた汁)、カムオハウ(動物の肉を入れた汁)などと呼ばれました。
 副食には、アワやヒエなどの穀物を煮たサヨ、山菜を汁気がなくなるまで煮込んだラタシケプがあり、生の動物の肉や魚は、串にさして焼いて食べました。また、季節によっては、「生で食べる」こともありました。

プクサ(ギョウジャニンニク)
プクサ(ギョウジャニンニク)
焼いて干したウグイ。夏にとれた魚は、焼いて天日で干し、貯蔵した(新ひだか町アイヌ民俗資料館蔵)。
焼いて干したウグイ。夏にとれた魚は、焼いて天日で干し、貯蔵した(新ひだか町アイヌ民俗資料館蔵)。

儀礼の際の食事

 クマやシマフクロウの霊送りや祖先供養、婚礼や葬礼などのときには、普段の食事に加えて、雑穀類を炊いたもの、団子など特別な料理がつくられました。一年に数回しか味わうことのできないこの特別な料理は、人間だけでなく、祖先や神々もともに食べ、ともに楽しむものでした。

いまに伝える

 江戸時代の終わりころになると、アイヌの人たちも野菜をつくるようになり、多くの料理に用いられました。また、明治以降、本州からの移住者の増加とともに、アイヌの人たちを取り巻く環境も大いに変化し、食生活もまた大きく変化しました。その一例として、調味料の使用などがあります。現在、北海道内各地でつくられる料理もこのころにつくられたものを基本としています。チエプオハウやラタシケプなどといった料理の多くは、日常の料理として、あるいは儀礼の際の料理として盛んにつくられており、その伝統はいまに伝わっています。 食事の様子(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
食事の様子(『蝦夷嶋図説』函館市中央図書館蔵)
チエプオハウ
チエプオハウ
ラタシケプ(新ひだか町アイヌ民族資料館蔵)
ラタシケプ(新ひだか町アイヌ民族資料館蔵)
クマの霊送りのときにつくられる料理。神とともに人間も楽しむ(財団法人アイヌ民族博物館蔵)
クマの霊送りのときにつくられる料理。神とともに人間も楽しむ(一般財団法人アイヌ民族博物館蔵)
​​